映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

真珠の耳飾りの少女

 

基本情報、予告編

  • 監督/ピーター・ウェーバー
  • キャスト/ スカーレット・ヨハンソン、コリン・ファース
  • ジャンル/ドラマ
  • 上映時間/100分

ブルーレイ

真珠の耳飾りの少女 [Blu-ray]

真珠の耳飾りの少女 [Blu-ray]

 

あらすじ

1665年、オランダ。天才画家フェルメールの家に使用人としてやってきた少女グリート。しかし彼女はその色彩的才能を見出され、やがて弟子として画家に想像力を与えるようになる。
主人と使用人としての距離を保ちつつも、次第にお互いが本能で理解しあえる運命の相手だと気づくふたり。募らせる想い。
だが、そんなふたりの関係に嫉妬する画家の妻、狡猾な策略を巡らせるパトロンが許すはずもなく、少女は画家と芸術のためにその身を危険にさらすことになる…。

amazon 真珠の耳飾りの少女のページより引用

 

感想

「真珠の耳飾りの少女」を美術の教科書かどこかで見たな〜程度でしか知りませんが興味深く観ることができました。絵画や芸術の知識もあればさらに楽しめるでしょう!

登場人物の誰の目線に立つかによって見方がだいぶ変わると思いました。主人公グリートは命じられるままにアトリエの掃除をしていましたが、芸術のことがわかるので次第にフェルメールの使う絵の具を準備したりと、距離が近づいていきます。

フェルメールはグリートに絵の具の原料を見せ説明をしたり、芸術の話をします。また家庭の中では立場が弱く、同居の奥さんのお母さんは生活が厳しいので彼に絵を描かせて売りたいようです。 

フェルメールの奥さんは若い使用人が旦那に近づいていると疑い、気が気ではありません。

グリートとフェルメールはどうなる?と気にしていると奥さんが出てきて、そういえば奥さん可哀想じゃん…と現実に戻され、グリート目線だと画材や芸術のことで話し合えるフェルメールとは雇用の関係ではいいように見えますがそれ以上特別に親しくすることはできないし…感情が忙しかったです。

1枚の絵画が完成するまでの過程や職業画家としての生活、パトロンとの関係性ってこういうものなのかなと新しい世界を知りました。

主演のスカーレット・ヨハンソンが美しいです!2003年の映画なので、スカヨハが18歳の頃?髪をまとめている白い頭巾のせいか、余計に肌が白く見えます。透き通るような白い肌ってこのこと!青い瞳、ほんのり赤く染まった頬、ぽてっとした唇。
みんな見惚れるよ…美しいもの。
コリン演じるフェルメールはセリフの数は少なめでスカヨハとの絡みも多くはないですが、じっと見つめる視線がもう…見すぎ!恥ずかしい!
コリン目当てで観始め、人物ばかりに目を取られていましたが、映画の中に表現されている芸術面を観るべきだったのかも…と知識のない頭で思いました( ;´Д`)