映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(ネタバレなし)

f:id:everytimememo2:20180805143826j:plain
公開日に観に行きました!

 

 

公式サイト 

 

基本情報、予告編

  • 監督/クリストファー・マッカリー
  • キャスト/ トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセット、ミシェル・モナハン、アレック・ボールドウィン
  • ジャンル/アクション
  • 上映時間/147分

 

ブルーレイ

あらすじ

IMF(Impossible Missions Force、不可能作戦部隊)のエージェントのイーサン・ハントと彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を⽬前にしていた。だが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。

wiki ミッション:インポッシブル/フォールアウトのページより一部引用

 

感想

リンクを貼り付けながら、本予告とティーザー予告とを見直したらティーザー予告にあって映画本編にないシーンがいくつかありました。おそらくカットされたのでしょうね…もったいない( ;´Д`)

ブルーレイには未公開映像で入るかな。入って欲しい!ティーザー予告で気になっていたシーンを見たいです。 

そちらの予告も貼っておきますね。


▲ティーザー予告
メインテーマが流れるのと流れないのでは、こうも印象が違うものなのか!


前作「ローグネイション」からの続編です。

ローグネイションもシリアスですが所々でクスッと笑ってしまうシーンがあり、シリアスながらもどこか明るい雰囲気があったように思います。
今作は不利な状況が続いて先の見えない不安さとシリアス度が増して重ため。あれ、今どういう状況?とわからなくなりました(^◇^;)もう一度見ればすっきり観られるかも。

毎回監督が変わるシリーズですが、今作は前作から監督が続投。前作からの展開がある続編だからこその深みもあり、ミッションインだけどそうじゃないような新鮮さも感じました。

トムクルーズ、体はりすぎです!
映画製作への熱意、俳優がこなす枠を超えてアクションシーンを自ら演じる。どんどんハードルが高くなって(自ら上げている?)いき、新作が出るたびにより複雑なアクションをこなすのは本当に素晴らしいことで、これ以上何をするの?!と驚かされます。
アクションシーンはニュースでドライブレコーダーの事故映像を見るときのような、別な意味でのドキドキ、危ない危ない!と、そちらも感じてしまいます。安全に配慮して撮影されているとはいえ、ビビります。

イーサン以外のメンバーも、もちろん体張っているので、みんなでドキドキ危ない危ないΣ(゚д゚lll)しようぜ!