映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

【再上映イベント】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ネタバレなし)

()f:id:everytimememo2:20181004003022j:plain

たまたまイベントがあることを知り、応募したら当選したので観に行きました!

 

公式サイト 

 

基本情報、予告編

  • 監督/デヴィッド・イェーツ
  • キャスト/ エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カルメン・イジョゴ、ロン・パールマン、コリン・ファレル、ジョニー・デップ
  • ジャンル/ファンタジー
  • 上映時間/133分

 

ブルーレイ

 

あらすじ

魔法使いのニュート・スキャマンダーは、優秀だけどおっちょこちょい、そして魔法動物をこよなく愛する変わり者──。
世界中を旅しては魔法動物を研究し、不思議なトランクの中に保護している。
ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、ひょんなことから自分のトランクが普通の人間(ノー・マジ)のトランクと入れ替わってしまう!
トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!
そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

amazon ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のページより引用

 

感想

公開時に映画館で観ました。また映画館で観られるなんて幸せです。
ハリポタシリーズを知らずに観ましたが、この映画だけでもなんとかわかります。


圧倒的なファンタジー!ファンタジーど真ん中の世界に引き込まれます。
人間と魔法使いが生きる世界が自然に融合していて、何の違和感もなくニュートと共に舞台となるニューヨークに入り込めます。ファンタジー要素のディテールが細かく、いちいち感動します。
ハリポタの世界観を知らないので魔法を使うことの対価(ゲームならMPを消費する)があるかわかりませんが、日常生活に魔法が溶け込んでいて、家事や料理に使えるのはさぞかし便利だろうな〜と思いました。

登場する魔法動物はオリジナリティにあふれた見た目で、特性もユニーク!光り物が好きだったり、身体のサイズが伸縮自在だったり…。

その動物たちのお世話をするニュート。どこか不思議な雰囲気です。彼の性格や背景があまり描かれなかったのは次作で明らかになるのでしょうか。


トークイベント

f:id:everytimememo2:20181004164529j:plain

届いたハガキを映画館のカウンターでチケットと交換し、席を指定。こんなに埋まっている上映回にあたったことない( ´ ▽ ` )
開場してからは予告や上映中のマナーについての映像があり、いざ始まりますとなってからの予告編はなし。いきなりワーナーのロゴが登場。毎回こうだといいのに!

本編を観た後、数分経ってからトークイベント開始。主催がミヤテレなので撮影していました。
ピエールさんは2年ぶりの来日とのこと。そういえば、魔法使いの旅のプロモーションで小道具とともにインタビューに答えていたのをテレビで見た記憶があります。
ピエールさんの経歴紹介や小道具の説明のあと、観客からの質問タイム。3人の質問に答えていました。

質問タイムのあとは座席番号が当選番号の抽選会。くじを引いたのはピエールさん。その後挨拶があり、退場されました。


イベント後、展示された小道具の撮影がOKとのことで、撮影してきました。

f:id:everytimememo2:20181004003148j:plain

▲杖と賢者の石



f:id:everytimememo2:20181004003127j:plain

▲目の前に小道具がある…すご



f:id:everytimememo2:20181004003141j:plain

▲上の写真と似たアングルですが、右側に写っているアイテムがあったので載せます



f:id:everytimememo2:20181004003134j:plain

▲ニュートのトランク!


想像上のものから実物を作り出す作業は大変そうなのと同時に、とても楽しそうだと思いました。
メイキング大好き女としては製作に携わった方のお話が生で聞けて素晴らしい体験でした!

自分、ハリポタは1作目しか観ていないのです…ファンタビ新作公開までにハリポタシリーズ観ます*\(^o^)/*