映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

ハリー・ポッターと賢者の石(ネタバレあり)

 

公式サイト

 

基本情報、予告編

  • 監督/ クリス・コロンバス
  • キャスト/ ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジョン・クリーズ、ロビー・コルトレーン、リチャード・グリフィス、リチャード・ハリス、イアン・ハート、ジョン・ハート、アラン・リックマン
  • ジャンル/ファンタジー
  • 上映時間/159分

 

ブルーレイ

あらすじ

J・K・ローリングの傑作ベストセラー小説『ハリー・ポッターと賢者の石』を映画化、全世界に魔法をかける。
幼い頃に両親を亡くし孤独で誰からも愛されない日々を送っていたハリーは、ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可されたことで人生が一変、額の傷に導かれるようにして運命の輪が廻り始める。
深いキャラクター造形、絢爛豪華な演出、魔法のアイテムや魔法界独特の文化、そしてスピード感溢れるスポーツ クィディッチ…想像を超えた世界を体験。
あなたの家も魔法にかける。
9と3/4番線から新たなる冒険が始まる!

amazon ハリーポッターと賢者の石のページより引用

 

感想

そもそもハリポタを観始めたのは、ファンタビ新作をより楽しむためでした。
確か中1の頃に映画化して、映画館に観に行ったんですよね。原作の本を読んでいなかったのでずっと興味がないままでしたが、今ハマるとは!


ファンタジーのど真ん中!ハリポタの世界への入り口の1作目。
ハリーがハグリッドと一緒に入学前の買い出しをするシーンがめちゃくちゃワクワクしました。
ゲームで例えると、次のステージへ向かう前に街で武器や道具を買い揃える時間。いろんなお店ある〜!どの武器買おうかな〜とワクワクする感じ。
ロンドンに魔法使いだけが知っている場所があるなんて!すべてがファンタジーではなくところどころに現実的な要素があって、それが逆にファンタジーの世界も存在しているのかも?なんて想像がかきたてられるなと思います。

ハリーが入学したホグワーツ魔法魔術学校。見た目が城のようで雰囲気抜群!
大広間のシーンが好きです。テーブルには豪華な食事が並び、宙に蝋燭が浮かんでいる様子が印象的でした。
ハロウィンにはジャックオランタンが浮かんでいたので、季節のイベントごとに装飾が変わるということですよね。楽しい!


どんどん話が展開していくかと思いきや、基本はハリーの学校生活を追いながらなので、賢者の石の話が出てくるまで長く感じました。

石が現れる場面は意外とあっさりとして、ちょっとあっけなかったです。
ファンタジーなので不思議なことも「魔法だから」でまとめてしまうとそれまでなのですが、すんなりと受け入れられるものもあれば疑問に思うこともあり。素直に受けとめられなくなってきたのは年をとったからでしょうか。


賢者の石のレプリカがありましたよ!きれい!
鉱石を眺めるのが好きなので、こういうアイテムには惹かれます。