映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(ネタバレあり)

 

公式サイト

 

基本情報、予告編

  • 監督/ マイク・ニューウェル
  • キャスト/ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、ジェイソン・アイザックス、ゲイリー・オールドマン、ミランダ・リチャードソン、アラン・リックマン
  • ジャンル/ファンタジー
  • 上映時間/157分

 

ブルーレイ

あらすじ

世界の三大魔法学校が魔力を競い合う伝説のイベント“三大魔法学校対抗試合"の開催が決定した。
“炎のゴブレット"が各校の代表選手を選び出す中、立候補すらしていないハリー・ポッターがなぜか代表の一人に選ばれてしまう。
かくしてハリーは、ドラゴン、水魔、心を惑わす生きた迷宮などの試練に挑み、その裏に潜む「声に出して呼べないあの人」の存在を感じながら、やがて自らの因縁と対峙していくのだった。
J.K.ローリング原作の『ハリー・ポッター』シリーズ第4作目となる本作では、これまでのシリーズとは一変。
ハリー、ロン、ハーマイオニーは少年期に永遠の別れを告げ、かつて想像さえし得なかった巨大な何かに挑んでいく。

amazon ハリー・ポッターと炎のゴブレットのページより引用

 

感想

俳優さんの成長が止まらない!
公開時にリアルタイムで観ていたなら、自分と同じように成長・進学していくハリーたちに親近感を持ったのかな〜と、ふと思いました。


クィディッチの描写もどんどんリアルになって、違和感なく溶け込むCG技術に毎回すごいなと思わさせられます。

今作は三大魔法学校対抗試合の話がメインでした。
ホグワーツの他にも魔法学校があるとは。国や地域毎に魔法学校があるとしたら、魔法使いの人数って結構多そうです。
制服や雰囲気がそれぞれ違っていておもしろいです。学校対抗試合はインターハイのようなイメージでしょうか。

ハリーの勝利はヴォルデモート復活のために仕組まれていました。
目の前で先ほどまで助け合っていたセドリックが殺され、ヴォルデモートが復活。ショックすぎます。
肉体を得たヴォルデモートの圧倒的な存在感。ハリーはこの人に勝てるのか?と疑問でしかない。

今までは明かりを杖の先に灯したり、ものを浮かせたりするファンタジーな魔法が多く登場していましたが、呪文で人を殺すのは衝撃的でした。


呪文に関して検索していたら、おもしろい記事を見つけました。執念か…!
炎のゴブレットから攻撃呪文が増えてます。暗めの展開も好き〜。