映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

くまのがっこう

グレーテルのかまどで特集されていたのを見て興味を持ちました。
番組で紹介された本はクリスマスの話で、見て泣きました。


私が借りてきたのはシリーズ1作目のくまのがっこう (PICT.BOOK)です。

特に興味を惹かれたのは、思わず泣いたストーリーももちろんですが、水彩イラストのかわいらしさと海外のインテリアや道具が描かれていたことです。


くまのがっこうに登場するくまのこは12匹。本文に1ばんにいさんは〜とあるので、兄妹ってことですよね。
11匹のお兄さんもみんな海外の名前でカッコいい!末っ子は女の子でジャッキー。主人公です。

▲ぬいぐるみかわいい…!

学校ではお兄さんたちとみんなで授業を受けていますが、ジャッキーは割と自由な振る舞いで、12匹の中から「ジャッキーは何をしているんだろう」と探すのが楽しいです。
それぞれがいろんなことをしているので1匹ずつ眺めても楽しい!
そして道具やインテリアなどが海外風でオシャレです!色使いもカラフル!

夜になってベッドで寝ようと横になっている場面では、おそろいのパジャマにイニシャルが刺繍?されててかわいい〜です。
次第に泣き出してしまうお兄さんたちを泣きやませようと奮闘するジャッキーは頑張りやさんだなと思いました。


絵本なのでとても早く読み終わりました。
イラストをじっくり眺めていると、11匹のお兄さんがちゃんと描き分けてあるのに気づき驚きました!耳の形や顔の形に違いがあります。
くまのこたちの服装もかわいらしくて、眺めているだけでも楽しいです。