映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

ジャッキーのパンやさん

2作目も借りてきました!

1作目ではジャッキーはみんな(お兄さんたち)のおかあさんがわり(のつもり)だったのが、パンやさんではおねえさんがわり(のつもり)になっていました。


今回はがっこうのバザーで売るためのパンを作る話。この話もちらりとグレーテルのかまどで紹介されていました。

みんなでパンを作る過程が楽しそうでした!
朝6時からグズベリー(初めて知りました。日本でマルスグリやオオスグリと呼ばれるそうです)とラズベリーの収穫から始まり、7時に蜂蜜集め、8時にかぼちゃの収穫、9時に搾りたてミルクをもらい、10時にパン作り開始。11時にオーブンに入れ、12時に完成!

大きなパンがやっと焼き上がったと思ったら、ジャッキーがパンにダイブ。

まさかのダイブ!
………。
凹んでしまったパンを前にお兄さんたちが怒ります。
そりゃそうだ…朝6時から作業を始めてようやくできたパンにダイブするなんて。

ジャッキーは凹んだパンをバザーで売りますが、誰も買ってくれません。現実は厳しい!
雨も降り出し、いよいよ辛くなってきたジャッキーの元へ、11匹のお兄さんたちがそれぞれ違った服を着てパンを買いに来てくれたのです!優しい!
怒っていたお兄さんたちもパンを売りに行ったジャッキーのことが心配だったんですね。