映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

【ハリポタ原作関連】ハリー・ポッターと魔法の歴史をめぐる旅

 

表紙

基本情報

 

内容紹介

魔法の宝物がいっぱい
ハリー・ポッター20周年を記念して、大英図書館「ハリー・ポッター 魔法の歴史展」の不思議な展示物の数々と見て回りましょう。本書では、ホグワーツ魔法魔術学校の教科をめぐりながら、何千年にもわたる魔法の歴史を発見することができます。展示は大英図書館によって入念に構成され、J.K.ローリングによる未公開資料など、魔法にちなんだ貴重な展示物であふれています。本書で、ハリー・ポッターの物語の中心となっている魔法の歴史を探る旅に、ぜひ出かけてください。
『ハリー・ポッターと賢者の石』の出版20周年を記念して、不思議な旅に出かけましょう。本書は、魔法生物飼育学、薬草学、闇の魔術に対する防衛術、天文学、占い学など、ホグワーツの教科をめぐりながら、何千年にもわたる魔法の歴史を解き明かしていきます。
大英図書館の収蔵品から厳選されたすばらしい資料、J.K.ローリングによる未公開のスケッチや原稿、画家のジム・ケイによる美しい絵など、驚きの展示品の数々が読者を待っています。 本書を読んで、賢者の石や、恐ろしいドラゴン、手に負えないトロールなどが生まれた背景の秘密を知り、自分だけの魔法薬を作り、実際に使われていた魔法の杖を見てみましょう。また、マンドレイクはどうすれば悲鳴を上げるのかを知り、レオナルド・ダ・ビンチが残したメモをじっくり読み、世界最古の星図を見てみましょう。
大英図書館によって入念に構成され、世界中の貴重な資料をたくさん集めた本書で、ハリー・ポッターの物語の中心となっている魔法の歴史をぜひ探ってください。きっと心に残る旅となることでしょう。

amazon ハリー・ポッターと魔法の歴史をめぐる旅のページより引用

 

感想

大英図書館で開かれた「ハリー・ポッター 魔法の歴史展」の内容を本にまとめたものです。
映画の内容についてというよりは、ハリーポッターの世界観についての本です。

多数掲載されているJ.K.ローリング本人の自筆原稿も興味を惹かれました。
筆記体はほとんど読めないのでわかりませんが「不死鳥の騎士団の構想」の原稿は特に興味深かったです!
表のように線で区切られたマスの中に細かく文字が書かれていて、この時間には何があったかをまとめてあるようでした。

また、J.K.ローリングがハリーたちのスケッチを描いていたことに驚きました。
このスケッチの頃からハリーは丸メガネをかけています。
著者の創作から始まって、文章がまとまると本になり、映像(映画)になる段階を想像すると…。
わたしたちは映画としてまとめあげられているものを見ますが、いくつもの過程があってのことなんですよね。


神話や言い伝えなどの要素が取り入れられ複雑に絡み合い、ハリー・ポッターの世界観を作り上げているのだなと、本を見て改めて思いました。

魔法や科学や医療の境界が曖昧だった頃の資料は見ていてワクワクします!当時信じられていたことが、現在では「ファンタジー」に思えてしまうことが多く、それも不思議な感覚です。
日本との文化や歴史の違いがたくさんあり、ロマンにあふれて古さを感じません。ファンタジーはいつになっても憧れです。

この本で初めてイラスト版の挿絵を見ました。
映画を先に見てしまっているので、スネイプ先生の肖像画には驚きました。髪型が…。