映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

【ハリポタ映画関連】ハリー・ポッター魔法界名所大図鑑

 

表紙

基本情報

 

内容紹介

ホグワーツ城からアズカバン、そして魔法省まで、ハリー・ポッター映画に出てくる数々の名舞台は、魔法使いたちと同じように私たちの脳裏に焼きついています。『ハリー・ポッター魔法界名所大図鑑』には、大ヒット映画の舞台としてデザインされ、建造され、制作され、最後はデジタル技術で誇張された創造力に満ちたセットや建物が、誌面いたるところにあふれ、読者を魅了することでしょう。
そして、セットを作るまでの過程は、見事なコンセプトアート、舞台裏の写真、スチール写真、そして映画製作の秘密(ワーナー・ブラザース提供)にいたるまで、余すところなく詳述されています。本書は、シリーズ第1巻の『魔法生物大図鑑』に次ぐ、グラフィック・アート満載の傑作大型本です。

静山社 ハリー・ポッター魔法界名所大図鑑のページより引用

 

感想

こちらもメイキング好きな方にオススメの一冊です!
セットやロケ地の写真、コンセプトアート、映画のワンシーンなどが掲載されています。細部まで作り込んであるセットの写真には驚きます!


部屋の内装やインテリアを眺めるのが好きなので、そのキャラクターを表した内装だったり色使いやインテリアの選び方が計算されているんだなと、とても興味深かったです。


どこもかしこも個性的なハリーポッターの舞台ですが、特におもしろかったのがホグワーツ城、ダイアゴン横丁、グリモールド・プレイス(シリウス・ブラックの家)、マルフォイの館、隠れ穴(ロンの家)です。

ホグワーツ城はストーリー展開に合わせてあちこち変更されていたことを本で知りました。「あれ、玄関変わってない?」と疑問に思うことがなかったです。前作と矛盾しているじゃん!というより、自然と変化しているのでそこまで意地悪く思わない不思議。

ダイアゴン横丁は1作目で魔法の世界を知る象徴的な場所。タイムスリップしたような古い建物が所狭しと並び、異世界に入り込んだ!とワクワクします。
本が天井に届くほど積み上げられていたり、棚にぎっしりと杖の箱がしまわれていたり。映像では見えるかわからないような小さいところにまで一つ一つラベルが作られ貼られていたなんて。
気が遠くなりそうな細かな作業からリアリティのあるセットができあがるのでしょうね。


それぞれのキャラクターが反映されたような魔法使い宅も魅力的です。
隠れ穴とマルフォイの館なんて対照的ですよね。

ウィーズリー一家を表すようなオレンジ色や茶色が多く使われ、手作り感溢れる隠れ穴は家庭的な雰囲気。暮らすならここかな。ワイワイと楽しそうです。
結婚式のテントはすごいおしゃれな空間でした。

対して死の秘宝2で登場したマルフォイの館は灰色の内装で冷たい印象。ヴォルデモートとデスイーターが集まっているシーンが好き。色がない空間がより怖い雰囲気です。
グリモールド・プレイスもマルフォイの館のように暗めの色合い。生活感が少しだけありながらもあちこちが荒れている寂しげな雰囲気でここも好きです。


ファンタジー要素溢れる壮大なホグワーツ城からちょっと不思議なルーナの家まで。制作の裏話も掲載されていますよ!