映画の感想と日常風景

映画・本・ライブなどの感想と、使って良かったものを紹介するブログです

お盆休み中に帰省した実家で勝手にいじけた挙句、自己嫌悪になり逃げるように戻ってきた話

たまにあるネガティブな話題です。大丈夫ですか?


ワンクッションとして「夏のとある日」をイメージした青みがかった加工がいい感じにできた!と思った実家の畳の画像を載せますね。



f:id:everytimememo2:20190813213903j:plain

畳のある空間、好きです。

インスタ上で見た画像はもう少し青っぽく見えましたが、そうでもないですね。
気のせいかな??


インスタもやってま〜す!

f:id:everytimememo2:20180430141431j:plain












はじめに、家族についてさらりと。

実家には祖母、父、母の3人が暮らしています。私と弟は一人暮らし。
いつからなのかはわかりませんが、実家のメンバーは基本的に仲良くありません。
まとまりや絆などの単語には無縁な感じです。

私や弟が小さかった頃は父・母・私・弟で泊まりがけの旅行に連れて行ってもらった記憶があります。
私は母とは仲がいいので実家には月1の頻度で帰っています。高速で1時間ほどなので近いのです。

家族に対しては感謝感謝ですが、家の雰囲気はあまり好きではありません。



いじけたそもそものきっかけは私(お前かよってね)。

実家には頻繁に帰ってはいますが、3人の暮らしは3人しかわからないことがあります。
帰ってきた私があれこれと余計に口出しして、自分の考えがおかしいのか、それとも家族が薄情なのかともんもんとしていました。


落ち着いて考えてみると、相手の行動を変えさせたいと自分の考えを押し付けようとしていただけでした。
その考え自体がいいことか余計なお世話なのかは別にしても、結局は自分の保身のためでした。


私の考え方の癖で、一見相手のことを心配しているように見せかけて、実際には回り回って自分が受けるかもしれない被害を少なくしたい、困らないようにしたいと考えることがよくあります。

その後自己嫌悪がループ。
上っ面は人のため〜みたいに良いこと言ってしているつもりでも、中身は自分のことしか考えていない。


本当に情けないし恥ずかしい。

悪いのは自分とわかっているから余計に辛く、気まずいし居心地が悪くなりました。
仕事があるかもとそそくさと戻ってきましたが、いい歳して何やっているんだろうと自己嫌悪で涙が出ます。


悪いと思っているから謝らなきゃ…と言葉少なくなんとか謝りましたが、言葉が出てこないこと!
これも私の悪い癖です。
自分の気持ちを言葉にして伝えることがとてつもなく苦手です。
伝えた結果、否定されて自分が傷つくのを避けているのか。言いたくない、察してと思っているからでしょうか。

悪いと思っているから察してくれ!ではダメなんだよお〜!



以前どこかで「家族は一番身近な他人」という内容のコラム?を読んだことを思い出しました。

家族という名称がついていますが、たまたま血が繋がっていて、たまたま同じ家で生活している身近な他人同士なんですよね。

家族だから同じ思考をしているわけではなく、生き方、考え方、嗜好などの様々なことが異なるのが当たり前。
似たような方向を向いているかもしれないが、決して同じではない。
再度認識しなければ!と思いました。


自分発信の、自分にとって「良いこと」ではなく、相手の立場にたって「(その人にとって)何が本当に良いこと」なのか。
時には「何もしないこと」が良いのかもしれません。それが望みに繋がっているのかもしれないと思いました。



この記事にオチはありませんが、今後私がこういうことを減らしたいと思い、戒めにまとめました。
具体的なことをぼかしているので「さっきからこいつは何を言っているんだ???」状態になるかもしれないです。ぼやぼやした内容ですみません。


ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます。



次回はもう少しポジティブな内容にします。

『勢いで未使用車を契約して予算をめっちゃオーバー!
マジでバイトしないとカツカツの生活待ったなし!iPadは諦めろ!』

をまとめる予定です。
無計画な話を晒すことでアクセスが上がればいいなあ。coming soooon…